水上バイクというと、兎に角あのスピード感というのが思い浮かべられるでしょう。操縦したことがないけれど、後ろに乗ったことがるという方はいるかもしれません。観光スポットのアクティビティーで乗せて貰うことが出来ますし、知り合いに操縦出来る人がいて乗せてもらったという方もいるでしょう。病み付きになる方が続出していますし、その体感速度というのもそうですしシチュエーションも非日常的というところにポイントがあります。

操縦は難しくありませんし、教習で1日講習を受ければ乗れるようになるぐらいです。船舶免許が必要になりますが、1級2級の船舶免許を持っていても、水上バイクの操縦は別の免許になりますので要注意です。もしついでに取りたいという事であれば、オプションで一緒に取れてしまうところも有りますので調べておくと良いでしょう。どうせならという事で、両方取っている方もいます。

それでも何となく敷居が高いと思われがちな船舶免許ですが、水上バイクの場合は2日間コースがありますので圧倒間にとれます。1日目に学科と実技講習があり、2日目に試験と身体検査が行われます。そこで合否判定が出るわけですが、合格出来れば即日免許は発行して貰う事が出来ます。因みにもっと節約を1番に考えているのであれば、実技講習だけ受けて手続きなどは自分で行うというコースを選ぶ事です。

手間はかかりますが、費用は節約することが出来ますのでその点はお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です