船舶免許は、1級小型・2級小型・特殊小型といった3つの種類に分かれており、それぞれに違いがあります。1級小型船舶免許では、航行区域の制限がないことから世界の海を航行することができ、使用範囲の極めて広い免許となっているので、クルーザーや外洋ヨットなどといった小型船の船長として操縦することも可能になります。2級小型船舶免許は、小型船舶で海岸から約9kmまでの範囲で操縦できる船長免許で、釣りやモーターボートなどのマリンレジャーを楽しむために欠かせない免許となっており、瀬戸内海や沿岸での釣りをメインとしているお客さんにもぴったりの免許といえます。特殊小型船舶免許は、水上オートバイ・ジェットスキー専用の船長免許で、航行区域は陸岸から2海里までとなっています。

水上オートバイ・ジェットスキーを楽しむ方には必ず必要な免許となりますが、新1級または新2級小型免許で水上オートバイ・ジェットスキーは操縦できないのであらかじめ把握しておくことが大切になります。船舶免許・水上バイク免許を取得する方法は、独学で勉強して免許を取得する方法と国土交通省が認定した登録教育機関で取得する方法の2種類があります。登録教育機関では、教育する資格を持った教員が法律で定められたカリキュラムに沿って学科・実技の教習を行い、学科・実技ともに国家試験が免除され教習後に実施される終了審査に合格することで、免許取得という流れになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です