小型船舶免許は船舶の大きさによって1級や2級がありますが、これに加えて設けられているのが特殊小型船舶免許です。この免許はジェットスキーや水上バイクなどと呼ばれる超小型の船舶のために作られた免許です。そのため、ジェットスキーを操縦するためには取得しなければなりません。ジェットスキーは海外では免許不要なので日本でも気軽に乗れると思っている人もいるかもしれません。

実際に観光地などではインストラクターが同乗するスタイルでアクティビティを提供している場合があります。この場合、インストラクターは免許を持っていなければ行けないので、ジェットスキーに関心があるなら、まずは免許の取得から考える必要があります。特殊小型船舶免許は独学でも取得可能ですが、実技試験の練習が難しいので教習所に通うのが一般的です。選んだ教習所が国家試験免除の施設なら受講後すぐに検定試験が受けられますし、合否はすぐに判明するのでスピーディーな取得が実現します。

国家試験については実技と学科に分かれており、実技では操縦技術、ロープワーク、人命救助などがチェックされます。また、学科では操縦技術や水上交通の法律などが出題され、ジェットスキーを操縦するときのマナーなどについても知っておく必要があります。これらの試験に加えて、聴力や視力などの身体検査をクリアすれば免許が交付されます。免許の発行は満16歳からとなっていますが、教習は15歳9ヶ月から受講できるスクールもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です