海のレジャーの楽しみ方には様々なものがありますが、その1つにはジェットスキー免許を取って水上バイクを乗りこなすというものが挙げられます。水しぶきを上げて海上を走り回るのは爽快感満点ですし、波に乗り跳ね上がるジェットスキーのスピード感やスリルもまた好きな人にとっては楽しいものです。陸を走るバイクとは異なり水上バイクなら、信号や道路などにとらわれることがありません。とはいえ安全に楽しむためにも、ジェットスキーを操縦できるようになるためには基本的な遵守事項や海上での交通ルール、高校方法などを学ぶ必要があります。

海や湖などでジェットスキーの運転をするためにはジェットスキー免許が必要ですが、これは正確には特殊小型船舶操縦士免許というものです。ボートの教習所ではこの免許を取得するための教習が行われていますので、それを受講して免許取得を目指すことができます。この免許を持っていても小型船舶を操縦することはできませんが、特殊小型船舶と呼ばれるものを操縦できるようになるのが特徴です。ジェットスキー免許を持っていれば陸からおよそ3.7キロ以内のところでジェットスキーをすることができます。

16歳以上であれば免許を取得することができます。16歳に満たなくても、この免許を取得するための教習は受けることが可能です。教習所の中には教習のみで修了試験に合格すれば、国家試験を受けなくても免許が取れるコースがあるところもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です